株式会社ビッツ【BITS】 採用特設サイト

リーダートーク - 自分がここまで成長してきたように一歩を踏み出してほしい。

第3システム事業部 部長 滝野勝
ある戦争映画で「最初に現場に立ち、最後に現場から離れる」という中佐の生き方に感銘を受け、自分もリーダーとして最後まで見届けることを信条にしている。
第1システム事業部 部長 木下学
コミュニケーション力と技術力が必要なIT業界に興味を持ち、大学で情報通信工学を専攻。独立系であることがビッツへの入社の決め手に。

「それぞれの力を最大限に出し合い、チームとなって取り組む。人数以上の成果を出すことだってある。」

滝野
私は、入社当初の8年ほど携帯電話のアプリケーション開発に携わりました。今ふり返ってみると、この経験が自分をもっとも成長させてくれましたね。プログラマーとして仕事を始めたばかりの頃、工学部出身である程度の知識はあったのですが、学校の勉強とはレベルが違いすぎて愕然としました(笑)。一日中プログラムを組み続けるのかと思っていたら、お客様に会って要望を聞くなどパソコンの前にいないことが多いくらいで、仕事とはこういうものなのかと思い知らされました。
木下
私は入社4年目まで認証システムのソフトウエア開発を行っていましたが、入社する前は滝野さんと同じようなイメージを持っていましたよ。SEとプログラマーの違いさえ曖昧でした(笑)。SEは設計担当者としてお客様の要求を聞き出して、それをどうやってシステム化するかを設計してゴールまで導いていきます。一方、プログラマーは設計補助者としてプログラムを作って設計そのものを行い、互いに協働してはじめて仕事が成り立つものですよね。
滝野
そうですよね。お互いなくてはならない存在です。入社後は、まずプログラマーからキャリアをスタートすることになります。そしてSEになった先に、プロジェクトをまとめるプロジェクトリーダー、プロジェクトの管理を行うプロジェクトマネージャーという役割があります。こうしてチームとなって仕事を進めていき、仲間がいるからこそ大きな仕事にもチャレンジすることができるんですよね。一緒に喜びや達成感を共有できて、困難に直面したときには支え合えるのはチームならではですね。
木下
正直、自分でやってしまったほうが早いことがあります。けれども、自分ひとりの能力には限界があるんですよね。誰かに教えたり、周りに手伝ってもらったりすることで、自分だけでは到底できないような何倍もの巨大な力になって返ってきます。チームで仕事をすると、自分では気づかなかった学びもありますよね。自分がリーダーとなった今、メンバーたちがそれぞれの力を発揮して成長していく姿を見られるのも嬉しいですね。

「国境を越えて格闘する日々。ふと気づくと、前よりも大きくなった自分がいた。」

滝野
若いうちからプロジェクトリーダーを任せるなど、ビッツは若手にチャンスを与えてくれますよね。私自身も入社後すぐに仙台から東京に年単位で出張をしたり、香港と中国に滞在して海外向け携帯電話の現地テストを行ったりしました。当時はパスポートがなくて、一旦仙台に戻って手続きに行ったんですよ(笑)。今の自分の立場から考えると、入社数年の部下にそこまでの仕事を任せるなんて勇気ある決断だったと思いますね。でも、この経験で自分が期待していた以上に鍛えられました。
木下
滝野さんも海外勤務の経験があるんですね。私も入社2年目でアメリカに2年間滞在して、日本と現地で連携しながらプロジェクトを遂行しました。出張が決まってから語学の勉強を始めたくらいで、英語が通じずなかなかレンタカーを借られませんでした。そのうえ道に迷ってしまい、現場に半日かけて着いたのはいい思い出ですね(笑)。とにかく苦労の連続でしたが、最後にシステム導入を無事に終え、皆で一緒に得た達成感は今でも心に残っています。
滝野
国を超えて達成感を共有するって、この仕事の醍醐味ですよね。私が担当していた携帯電話のプロジェクトは、メンバーが500人を超える大規模なものでした。しかも、日本、アジア、ヨーロッパに開発拠点が分かれていました。時差があるため打ち合わせが夜に始まるのも当たり前で、体力的にもハードでした。でも、偶然に街でそのプロジェクトの携帯電話を使っている人を見かけたんです。あのときは本当に感動しました。思わず心の中でガッツポーズをするような、あの熱い気持ちは忘れられないですね。
木下
それは本当に感動しますよね。自分たちがやってきたプロジェクトが、社会のなかで機能しているのを目にすると、「うまくいったんだな」と改めて成功を実感しますよね。私は、社会の役に立つものこそ仕事と言えるのではないかなと思っています。誰かのためになることはやりがいになりますし、また次へチャレンジしようという意欲にもつながっていきますからね。

「みんなには夢を持っていてほしい。それぞれが夢を叶えて成長することが、私の夢にもつながっていく。」

滝野
元々ものづくりがしたいという想いからこの業界を目指して、独立系で仙台を拠点にしていることからビッツに決めたんです。また、小さい頃からラジコンが好きで目に見える“もの”を作り上げたいと、ハードウエアに携わる組込み系を希望しました。わかりやすく例を挙げると、ボタンを押したら光り、着信が来たら音が鳴るといった携帯電話自体の開発をする仕事ですね。
木下
私はエンタープライズ系なので、主にお客様の業務に直接関わる部分のシステム開発を行っています。公共、金融、物流など、さまざまな業種のシステムに携わっています。ビッツは、組込み系・エンタープライズ系が共存することで、お客様の幅広い要望に応えています。ただ最近では世の中の動きが多様化して、この垣根がなくなってきていますよね。
滝野
そうですね。例えば、以前の車は閉じられたものでしたが、今は車内にシステムが搭載されてサーバーとやりとりをしたりします。こういった新しい動きに対応するには、やはり基礎が重要になってきます。さまざまなプログラミング言語で開発する機会が増えていますが、プログラマーの基礎能力を高めるにはC言語の習得が重要です。確かにJavaなどが主流となっているけれど、C言語を学ぶことで応用力がつきます。
木下
その通りです。C言語ができていれば、新しい言語にも対応することができますよね。特にソフトウエア開発ではいきなりJavaを勉強することが多いですが、ビッツの新人研修はC言語の習得から始まります。少し遠回りに思うかもしれませんが、投資と考えて基礎から学ぶことを大事にしています。いずれそれが糧となって応用力につながるはずです。
滝野
ただ、いくら言語を覚えても、コミュニケーション能力などプラスαがなければ良き技術者にはなれませんよね。これには経験が必要になってきます。まずは一歩を踏み出すことです。一歩でも踏み出せば、見える景色が大きく変わっていきます。そして、踏み出したらその歩みを決して止めないでください。ゆっくりでも歩み続けていくことが、夢の実現となっていくはずです。私は皆さんのその一歩が踏み出せるよう背中を押すことができたらと思っています。
木下
私は、「こんなことをしたらより良くなるのではないか、もっと面白くなるのではないか」と自ら率先して動いていく姿勢が大切だと思います。部下には、今後どうしていきたいのかをよく聞くようにしています。どんな夢があるのかを共有して、そして、どうしたら実現できるかを一緒に考えます。そうやって部下たちの夢を一つひとつ叶えていくことが、自分自身の夢を実現することにもつながっていくと思います。
  1. 採用特設サイトトップ
  2. 聞いてみよう
  3. リーダートーク